お金を借りるベストな方法はキャッシング

自分は人からお金を借りたり借金をしたりはしない、と思っている方でも、人生は長いですからいつ思いがけない窮地に陥るかわかりません。
それは例えばたまたま冠婚葬祭が立て続けにあって…といったごくありふれたことかもしれませんし、急に会社の業績が悪化するなどして会社を辞めることになったということかもしれません。

 

また、病気や怪我でしばらく働けなくなって収入が途絶えてしまったということも考えられるでしょう。

 

そうしたときには一時的にでもお金を借りて、なんとかやりくりする必要が出てきます。
お金を借りようと思ったことがない人にとって、どうすればこの窮地を脱することができるのか?

 

お金を用意する最もベストな方法については考えてしまうことでしょう。
こうした緊急でお金が必要というときに最もベストな方法は、やはりキャッシングです。
詳しくは>おまとめローン入門書@おすすめ銀行カードローン3社徹底比較

 

お金を借りる方法にはいろいろある

お金を借りる方法にはキャッシング以外にもいろいろな方法があります。
借入先も実にさまざまです。

 

しかし、それでもキャッシングがおすすめと言える理由があります。
まずはお金を借りるのにどんな方法があるのか?

 

いくつかの方法についてみていきましょう。

 

親や友人・知人にお金を借りる

親や友人・知人など周囲の人にお金を借りるというのは多くの方が思いつくお金を借りる手段だと思います。
実際、食事代など100円単位も入れてしまえば友人からお金を借りた経験のある方は多いのではないでしょうか?

 

こうした周囲の人からお金を借りる場合には金融機関などから借りるときのように借用書を取り交わすケースも少ないですし、返済期日なども特に決めることなく一番てっとりばやく借りられる、と考える方もいらっしゃるでしょう。
しかし、一番厄介なのは実はこの借入方法なのです。

 

「金の切れ目が縁の切れ目」とはよく言ったもので、お金の貸し借りというのはどんなに深い間柄だったとしても金銭トラブルの可能性があります
金銭トラブルによってもともとあった信頼関係が失われて親しかった人との間の縁が切れてしまった方は少なくないのです。

 

たかがお金の貸し借りで、と思ってしまう方もいるかもしれません。
しかし、お金の貸し借りというのはそれだけ影響力の強いものなのです。

 

未成年ではなく働いていて収入があれば、お金を借りる方法はいくらでもあります。
親や友人・知人からお金を借りることはやめておきましょう。

 

公的貸付制度でお金を借りる

お金を借りる方法として公的機関から貸付け制度を利用してお金を借りるという方法があります。
公的貸付制度で一番知られているのは総合支援資金貸付制度です。

 

失業などにより日常生活に困っている方を対象として必要な資金の貸付+ハローワークなどによる継続的な支援をセットで行うことで生活の立て直しを支援して行く制度となっています。
この貸付は連帯保証人を立てる場合には無利子、立てない場合でも年1.5%という超低金利で借入が可能です。

 

生活保護と違うのは貸付制度であるためお金を返す必要がある点です。

 

この方法は利用できるなら最もベストな方法と言えますが、貸付対象が限られていて誰でも借りられるというものではありません
また申込から振込までには2週間ほどの時間がかかります。

 

生命保険契約者貸付制度でお金を借りる

積立タイプの生命保険に加入している方でしたら、契約者貸付制度が利用できるかもしれません。
生命保険に設けられている解約払戻金の範囲内でお金を引き出すことができます。

 

もともとは自分が支払ったお金ではありますが、保険会社に支払った時点からは保険会社のお金です。
そのため、貸付という名前になっています。

 

この貸付制度のよいところは信用情報機関に登録されないという点、それに一般的なカードローンに比べて金利が低く借りられるという点です。
ただし、デメリットも多々あります。

 

まず利率が複利で適用されるため、返済額が年々増加していくということ、また満期のある保険の場合祝い金から返済額を差し引かれてしまうということ、加入した保険によっては契約者貸付の利率が高いものがあること、解約払戻金の範囲内なら何度でも貸付を受けられますが解約払戻金の額を超えてしまいますと保険そのものが失効してしまうこと、などです。

 

使い方を間違えますと長年支払ってきた保険そのものが失効してしまう可能性がありますので、もし利用するとしても一時利用にとどめておいたほうがいいでしょう。

 

銀行からお金を借りる

カードローンやキャッシングとは別に、銀行のフリーローンでお金を借りるという方法があります。
フリーローンは名前の通り、目的が自由に使えるローンで、多目的ローンなどとも言われています。

 

カードローンなどとの違いは、カードローンは限度枠内で繰り返し利用が可能ですが、フリーローンは追加融資はできず、追加で借りたい場合には再度申込をして契約をしなければなりません。
ただしカードローンやキャッシングと比べると比較的低金利で利用が可能です。

 

フリーローンといっても、基本的には事業性資金や投機性資金などといった目的には利用できません。
ですが、何かの目的のために今回限りでお金を借りたい、という場合にはぴったりでしょう。

 

デメリットとしては、先に挙げた追加融資ができないことと、融資実行までに時間がかかるという点です。
ATMにカードを入れたらすぐに借りられるカードローンやキャッシングのような手軽さはありませんので注意しましょう。

 

キャッシングでお金を借りる

お金を借りる方法として便利なのが、やはり金融機関からの借入です。
特に、キャッシングやカードローンですと早ければその日のうちにスピーディーに借りることができますし追加融資も可能なので、お金を借りる方法としてダントツに利便性が高いです。

 

キャッシングの金利は高い?実際はいくらなの?

カードローンやキャッシングなどは金利が高いという印象がありますよね。
いくら便利だからといっても、やはりあまり金利が高いのでは…と思う方がほとんどでしょう。

 

確かに、カードローンやキャッシングは、他のローン商品と比べますと金利が高いです。
カードローンやキャッシングは個人の信用をもとに無担保・保証人なしで利用限度枠内で何度でも追加融資が可能なローンですから、他の有担保ローンなどと比べてしまいますと当然金利は高めになってしまいます。

 

しかし、金利が高いといってもどのくらい高いのでしょうか?
実際に支払う利息でみてみましょう。

 

カードローンの利息の計算は、以下の計算式になります。
カードローンの金利は一般的に年利で表記されます。

 

利息は借りた日数分でかかりますので、365日で割って借入日数を掛けます。

 

利息=元本(借入残高)×金利÷365日×借入日数

 

例えば消費者金融で10万円を金利18.0%で30日間借りた場合、かかる利息は1,479円です。
どうでしょうか?金利が高いといっても、元金10万円にプラス1,500程度支払うだけですから、そう高くないとは思いませんか?

 

確かに、もっと借入額が大きくなったりまた借入日数が長くなればなるほど支払うことになる利息額は膨らんでいきます。
しかし短期間で数十万円程度の小額の借入であれば、それほど負担にはならないのです。

 

また、一部の会社でははじめての利用の方に対して無利息サービス期間を設けているところがあります。
そうしたサービスを積極的に利用すればどこで借りるよりもオトクかもしれません。

 

キャッシングは即日での借入も可能!

お金を借りる方法としてキャッシングの最大のメリットはなんといってもお金が必要と思ったときにすぐに借りることができるという点でしょう。
審査に1週間2週間と時間がかかってから借りられる方法はいくつかありますが、もしも急にお金が必要になった場合などにはこれでは間に合いません。

 

即日融資可能なキャッシングサービスでは、なかには審査時間が最短30分と超スピーディーなものもあります。

 

大手消費者金融などでは全国各所に自動契約機を設けていて、土日祝日でも営業しています。
時間も長いところでは夜10時くらいまで営業していますし、緊急でお金が必要になったときに大変便利です。

 

もちろん、審査の状況によっては時間がかかってしまうケースもありますので必ずしも即日で借りられるわけではありませんが、大手の消費者金融だと平均で3〜4時間程度、審査が厳しいとされる銀行カードローンでも2〜3営業日程度で借りられているケースが多いようです。

 

とにかく急ぎでお金を借りたい、という場合には大手消費者金融がおすすめです。

 

キャッシングの申込はスマートフォンでラクラク

キャッシングの申込は現在ではインターネットによるものが主流となっています。
パソコンだけでなく、スマートフォンやケータイからも可能なので、場所や時間を選ばずに24時間365日申込が可能です。(※利用するローン会社によります)

 

手続きをするために来店したり、契約書類を書いたりせずにインターネット上で全ての手続きが完了するサービスもあります。
提出書類はありますが、基本的には運転免許証や健康保険証など本人確認書類だけで借りられるケースも多く、スマホのカメラ機能などで画像化したものをアプリやメールで送ればOKです。

 

借入も振込融資にすれば全く来店することなくお金を借りることができます。
お金を借りることを周囲に知られたくない方、また金融機関での煩わしい手続きが面倒という方にもぴったりです。

 

それでもキャッシングが不安、という方に

お金を借りるのに一番ベストな方法、といっても、やっぱりキャッシングは不安、という方も多いかと思います。
法外な利息をとられてしまうのではないか、怖い取立がくるのではないか…ドラマや映画でみる「消費者金融」のイメージが残っている方は少なくありません。

 

しかし、キャッシングの利息は現在では法律によって上限が定められており、驚くほど高い金利を請求されるということは正規の業者ではあり得ません。
また、大声を出したりといった暴力的な怖い取立も貸金業法で禁止事項として挙げられています。

 

大手の消費者金融や銀行カードローンなど、誰もが名前を知っているような業者を利用するといいでしょう。